<動画あり>サシェの編み方を紹介!モチーフを編みつなぐだけ簡単!

<動画あり>サシェの編み方を紹介!モチーフを編みつなぐだけ簡単!

アロマや石鹸の香りを持ち運べるサシェに興味をお持ちでしょうか。飾るだけでもかわいらしく、乙女心をくすぐりますよね。

モチーフを編みながらつなぐサシェは、キレイな見た目ながら驚くほど簡単に編めるのです。

この記事では、Jul Knittingオリジナルのサシェの編み方を紹介しています。作り方がくわしく解説されている動画もあるので、初心者でも完成させられるはずです。

ちょっとしたギフトにもなりそうな、品があるデザインのサシェを編んでみませんか。

サシェの材料

サシェの材料
サシェを作るために必要な材料から見ていきましょう。

ご紹介している作品は、アンティークな雰囲気のある糸を使用しました。合わせたリボンはフランスの手芸材料店のもので、配色と質感にこだわりを感じられます。

材料
  • ハマナカ ウォッシュコットン 1玉(1玉で2つ編めます)
  • かぎ針 3/0号
  • リボン 15cm 1本(la droguerieさんのものを使用)
  • はさみ
  • とじ針
サイズ 7cm × 10cm

手編みのお店[hus:](フース)では、記事内のサシェと同じものを作れるセットを販売しています。下記のサイトをチェックしてみてくださいね。

手編みのお店[hus:](フース)

サシェの編み方

サシェの編み方
それではサシェの編み方を解説します。モチーフを編みながら、同時進行でつなげていくのがポイントです。仕上がりが小ぶりなので、編み物の初心者でも時間をかけずに完成させられますよ。

モチーフをつなぐのが苦手でも、無理なくキレイにつながるようになっています。ぜひ参考にしてくださいね。

素材と色を変えて編んだサシェがInstagramで見られます。

編み方1.モチーフを作る

編み方1.モチーフを作る
はじめに鎖編み4目を作ってください。この4目が編めたら、鎖編みの1目めに引き抜いて、小さな輪っかにしましょう。

次に鎖編みを3目編み、先に作った小さな輪っかの中に長編みを2目編み入れてください。このとき、糸端も一緒に編みくるみましょう。

そして鎖編みを2目編んで、輪っかの中に長編みを3目編み、糸端も編みくるめてください。これを計3回繰り返します。最後に鎖編みを2目編み、最初につくった鎖編みの3目めに引き抜くと、1段目が編み終わります。

1段目が編めたら裏返して、編みくるんだ糸端を引っ張ってください。すると輪が絞れるので、じゅうぶんに絞ったら、糸端をカットしておきましょう。

2段目へ進めていきます。まずは、1段目の編み終わりの隣の目に引き抜いてください。そして鎖編みを3目編んで、根本にある目に針を入れ長編みを2目、鎖を2目、長編み3目を編みましょう。

次はスペース部分に細編みを1目編み、1目飛ばして長編みを3目、鎖編みを2目、長編みを3目編んでいきましょう。そして次のスペースに細編みを1目を作ってください。あとは同じように2箇所繰り返すと、2段目が編み終わります。

2段目を編めたら、最初に作った鎖編みの3目めに引き抜いて、鎖をひとつ編んでください。そして糸を引いてカットすると、1個のモチーフの完成です

糸端をきれいに処理するコツは、動画内で解説していますのでチェックしてみてくださいね。

編み方2.モチーフをつなげながら編む

編み方2.モチーフをつなげながら編む
まずは、1個目のモチーフを作ったときと同じ要領で、1段目を完成させましょう。

2段目へ移行します。1段目の編み終わりの隣の目に引き抜いてください。そして鎖編み3目で立ち上がり、根本の目に針を入れ長編みを2目、鎖編みを2目、長編み3目を編みましょう。次のスペースに細編みを1目編み、1目飛ばして、長編みを3目編んでください。

ここから、モチーフをつないでいきます。すでに完成しているモチーフを用意して、編みかけのモチーフに重ねて、つなぐ位置を合わせます。外表にして、角が重なったところに針を入れて、細編みを編みましょう。モチーフを重ねる位置は、動画をみるとわかりやすいです。

次に編みかけのモチーフのほうに戻って、長編み3目を同じ場所に編み入れます。次のスペースには細編みを編んでください。そして、ふたたびモチーフを重ねて、重なっている目の細編み部分に針を入れて、細編みをしましょう。

編みかけのモチーフに戻ります。1目飛ばして、長編みで3目編んでください。そしてモチーフを重ねて、重なるスペース部分に針を入れて細編みします。また編みかけのモチーフに戻り、長編みで3目編みましょう。次のスペースに細編み、1目飛ばして長編みを3目、鎖編みを2目、長編み3目、次のスペースに細編みで編み終わります。

これまでと同様に、最初に作った鎖編みの3目めで引き抜くと、2個目のモチーフの完成です。同じ要領で、3個目のモチーフもつなぎましょう。

4個目のモチーフも、編みながらつないでいきます。基本的な作業はこれまでと同様ですが、対角線上にあるモチーフをつなぐ際は注意が必要です。端のスペース部分に針をいれて、中長編みでつなぎましょう。そして編みかけのモチーフへ戻り、完成させてください。

残り2個のモチーフも、この要領で編みながらつないでいきます。計6個のモチーフがつながると、1面の完成です。同じものをもう1枚作ってください。

編み方3.2枚を繋いで完成させる

編み方3.2枚を繋いで完成させる
前の工程でつないだモチーフを、外表にして重ねましょう。長方形の短い辺からつなぎ合わせます。端のスペースに針を入れて、鎖編みで2目を編みます。そして長編み3目の真ん中の目に針を入れて、細編みしてください。重ねている下のモチーフも、同じ場所に針が刺さっているかを確認しましょう。繰り返しながら、3辺を綴じていきます。

3辺を綴じ終わったら、匂い袋を入れてください。そして、これまでと同じようにフチを編みながら綴じます。最後はモチーフのスペースの部分に細編みを編んで、最初の鎖の部分に引き抜くと完成です。匂い袋を入れ替えたい場合は、3辺を綴じた時点で完了しましょう。

最後に、好きなところにリボンを付けてください。

まとめ

モチーフ編みをつなげるサシェの編み方をご紹介しました。ちょっとしたギフトにしてもかわいいですよね。さほど時間がかからずに完成するので、何から手をつけるかお悩みの編み物初心者にもおすすめです

手編みのお店[hus:](フース)では、簡単に作れてかわいい作品をたくさん紹介しています。作品に合う毛糸や、必要な材料が揃ったセットも販売しているので、ぜひサイトをチェックしてください。

[hus:](フース)はこちらから↓↓

 

<執筆:[hus:]編集部>

\編み物キットが勢ぞろい!/

手編みのお店[hus:]

手編みのお店 [hus:](フース)では、20種類以上の編み物キットを販売中!
ワクワクがたくさんつまったお店なので、ぜひとも覗きに来てくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です